医院長の部屋

こちら医院長の部屋では、日頃、診療時間内では伝えきれない歯科の情報や医院の情報を少しフランクに載せて行きたいと思います。

やっと秋らしさが出てきました2010年09月24日

 最近になってやっと秋らしさが出てきました。本当に暑い日々が続きましたね、ですが気温がこんなに変化する時は風邪をひき安いので気をつけてください。(実は少し風邪ぎみですわーい(嬉しい顔)
 さて、この間、ぼうテレビ番組で知覚過敏についてはなしていました。以前もここで知覚過敏については書いたので、改めて付け足す事はありませんので書く事はありませんが、一つだけまだ、はっきりと解明されてない現象が実はあります。
 歯の脱灰と再石灰化は表裏一体の現象で、溶かすイコール治すことでもありますが、特異的に溶かすが進む所が虫歯です。であればバイオフィルム(細菌の固まり)や磨き残しが多い所が一番虫歯が多いはずです。が、実際は磨き残しの多い歯の根元の虫歯よい、圧倒的に歯と歯が接している所や歯の溝に虫歯が多いのです。 歯の溝は確かに汚れが溜まり易そうですが、歯と歯が接している点はどうでしょうか?
 これについては歯ブラシが届かないから、唾液の自浄作用が及ばないから、あるいは歯に加わる力のマイクロクラックから、といろいろな説がありますが、それでは歯磨きの必要性は?との疑問も残ります。
 ちょっと難しい話をしましたが、勿論、歯磨きが必要である事は揺るぎませんが、何度も言うようですが、寝る前の歯磨きだけはしっかり行う事が虫歯予防で一番大切な事である事は揺るぎない事実です。
再石灰化進行.jpgno-title
posted by 院長 at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40895563

この記事へのトラックバック