医院長の部屋

こちら医院長の部屋では、日頃、診療時間内では伝えきれない歯科の情報や医院の情報を少しフランクに載せて行きたいと思います。

赤ちゃんの歯磨き2010年08月22日

 暑い日が続きますねふらふら 皆さんも熱中症には気を付けて下さいねわーい(嬉しい顔)
 ところでこの残暑の中、当医院でもいいニュースがありました。 先々月に退職したスタッフが無事出産したそうです。と言う事で今回は赤ちゃんの歯磨きです。
 赤ちゃんの乳歯は、生後6ヶ月から10ヶ月ぐらいに下の前歯から生えてくるのが一般的です。
 歯が生えて来る前の口の中は、ほとんど菌がありませんが歯が生える事により細菌が付着する場が生まれ、だんだんと増えていきます。 つまり歯が生えると同時に歯磨きの始まりなのです。
 ですが、赤ちゃんの歯がすぐに虫歯になる事はほとんど無いですが、だいたい1日2回は歯磨きをしてあげて下さい。 とは言っても大人の歯ブラシでごしごしと言う訳にはいきませんねわーい(嬉しい顔) 
 赤ちゃんの歯磨きはガーゼなどを指に巻いて軽く歯をこすったり、つまんだりして行って下さい。また専用の指サックみたいな商品もありますので、ご使用されてもいいと思います。もちろんですが水以外何も付ける必要はないです。
 やがて1歳半ぐらいになりましたら乳歯の奥歯が生えて来ますので、小さな柔らかい赤ちゃん用の歯ブラシを使って、歯ブラシに慣れる様にしていきましょう。
 歯磨きは習慣です。不快な思いも無く自然に歯を磨く習慣が着けば虫歯のリスクは格段に下がると思います。
ガーゼ磨き.jpg
posted by 院長 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40320804

この記事へのトラックバック